ホームページをリニューアルオープン。ジオシティーズにはワードプレスは設置できません。

けど、ワードプレス風のページをアップロードすることはできます。

ホームページをローカルでワードプレスで作成できました。

これは、インスタント ワードプレス (InstantWP) という無料ソフトですごく簡単。

数分でできます。最初にインストールする時に、ダウンロードしただけでインストールすべき場所をきちんと選ばなかったので、ちょい戸惑いました。最初から、USBメモリなどにインストールすれば、持ち歩けるらしいです。

このInstantWPには最初から固定ページがいくつか用意されています。が、静的にしてしまうと、コメントを残すとか、問い合わせフォームが動かないので、固定ページをシンプルなものに作り直しました。

カレンダーはグーグルから。マップもグーグルから。問い合わせフォームもグーグルから。

カレンダー、マップは埋め込むだけです。

問い合わせフォームはグーグルドライブで少し設定します。

 

次に、静的HTMLに書き直す。

これは、WP Static HTML Outputというプラグインを使います。

これ以外のプラグインは、うまく動かなったです。StiticPRESS がうまく動かなくて悩みました。

WP Static HTML Outputで、アップしたいサーバーサイトを指定します。

http://www.geocities.jp/〇〇〇/

という元からあるサイトをまるごと置き換えるので、

それを指定しました。

それ以外は空欄で。

 

そして静的サイトを書き出す。

それを

エクスポートすると、

ちょっと奥の方のフォルダ(アップロードフォルダの当月分フォルダにあります)に静的ファイルが造られます。

それを、FFFTPでアップロードするのです。

FFFTPは、ワードプレス全体ではなくて、このアップロードフォルダの当月フォルダの静的サイトフォルダだけをアップロードすればいいのです。

差分のアップロードにすればもっと簡単なアップロードに出来るようです。

 

こう書くとスムーズにいったように思えますが、ずいぶん四苦八苦しました。最初はリンクが上手くリンクされないおのが、困りました。ローカルへ飛んでしまうこともありました。しかし、アップするフォルダさえ間違えなければ大丈夫。

また、ワードプレスのコメント機能の使えません。

が、うまくできてみると、その後は、簡単に書き換えできるホームページです。

いわゆるホームページをPC内部で作って、アップロードするものと同じです。

動的サイトにはならないし、複数でWEBで作業するページにも向かない。

だけど、ワードプレス風なページをレンタルサーバーを借りずにアップできることは大きな収穫でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中