銅めっき

まずは、硫酸銅の結晶は入手した。

水は、水道水でいいだろう。

電気を流すのは3Vの直列の二つの電池。

対極は鉛筆の芯でいいや。これもある。

さて、めっきを付けるべきもの。これが問題なのだ。

せっかくめっきするんだから、

かっこいいものにめっきしたい。

プラスチックにめっきしたいのだが、

電気を通さないし、還元剤もいまいち、手に入ってない。

墨汁で電気流して、めっきできるんだろうか。

とりあえず、キーホルダーか?

プラスチックに墨汁で電気流して、めっきできればいいんじゃない。

でも、墨汁ってあんまりでんき流さないし、水につけたら溶けちゃう。

無理だわ。

無電解めっきするにはパラジウムとか錫がいるんか?

手に入れるパワーがない。

銅針金に亜鉛パウダーを水溶液をつけて焼くと、

金色になるっていうのもやってみたいね。

めっきじゃないけどね。

合金化。

やれるパワーがあるかな。

なんのためにやるんだろうって思っちゃうとやれないんだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中