有機系5色素(紅麹等)のアルカリpHによる色の変化、石けんを着色成功(更新)!!
食べ物に使う有機系色素を石けん作りに使うとどうなるか?

結論;高濃度の色素であれば、有機系色素でも着色できた。

低濃度色素ではどれにしても得られる石けんは黄色からオレンジ(米ぬか油の色)で色素の色は出ない。

まずは、色素をご紹介しよう。

H260611 5色素 横から

 

右から

赤:紅麹 (麹菌が作る赤)

ベニコウジカビ – Wikipedia 赤いhttp://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%93 …

青:スピルリナ(藻の青)

スピルリナ – Wikipedia 青いhttp://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%8A …

黄:クチナシ(植物クチナシの黄色)

キリヤ:クチナシ 黄 黄色 http://www.kiriya-chem.co.jp/tennen/kuchinasi.html
赤:ハイビスカス(植物ハイビスカスの赤、抽出から数時間後のもの)
アントシアニン系色素 – http://cse.osaka-kyoiku.ac.jp/kyozai/junior_high_school/411.html

緑がかった紫(植物の青、抽出から数時間後のもの、酸性ではピンク)
マローブルー http://www.osaka-c.ed.jp/kate/rika1/kenkyuu-kyouzai/kagaku/jikkensyo-kagaku/mallow-blue.pdf

これらを

pH試験紙で調べたら
ハイビスカスだけが酸性。他は中性でした。

H260611 5色素 上から

紙コップに10CCほど移して、上から写真を撮りました。
右から
紅麹
スピルリナ
クチナシ
ハイビスカス
マローブルー

これに苛性ソーダ水をティースプーンでおよそ3CCほど加えました。
苛性ソーダ水は15グラムの苛性ソーダを20グラムの水に溶かして
およそ42%の濃度の苛性ソーダ水です。

すると一部、色が変化しました。H260611 5色素 苛性ソーダ後 上から

並び方は上と同じで
右から
紅麹
スピルリナ
クチナシ
ハイビスカス
マローブルー

すべてアルカリでpHは14です。
紅麹は、     赤からオレンジへ。
スピルリナは、 青が透明に。
クチナシは、   黄色で変わらず。
ハイビスカスは、赤から茶色に。
マローブルーは、紫から黄色へ。

以上のように変化しました。

紅麹は、非アントシアニン系色素。

スピルリナはフィコシアニン系色素。

クチナシ系黄色素は、中性からアルカリ性で、黄色で安定。

ハイビスカスはクエン酸が出て酸性になるアントシアニン系。

マローブルーはアントシアニン系だが、水道水と精製水でも色が異なる。

これを踏まえて
米ぬか油石けんを作りました。

米ぬか油    200
ラード     60
ココナツオイル 40
精製水     57.8
苛性ソーダ   38.5
色素水   5.5を6セット
(グラム)

としました。
オイルと40%苛性ソーダ水を6分割して、
色素水は、上記色素水5.5グラムをそれぞれオイル50グラムと40%苛性ソーダ16グラムに加えました。

混ぜる順序は、40%苛性ソーダ水に色素水を直接混ぜました。

けん化は、40度で、行いましたが、非常にトレースの出る粘性状態になりやすかったです。

けん化時間はおよそ20分でトレースが完全に出ます。

色素を入れずにスキムミルクを入れたものも作りましたが、
同様に、非常にトレースが早く、米ぬか油の特性だと思われました。

それ以外にもちょっと濃い苛性ソーダ水を使って、けん化初期に攪拌は不十分だったことも
けん化の進み方に影響していそうだと思いました。

H260611 5色素 石けん 苛性ソーダ後 上から

右から
紅麹
スピルリナ
クチナシ
ハイビスカス
マローブルー
ですが、色がまったく現れません。
苛性ソーダ水でも色は消えていないのに、

石けんにすると色がつかないのは、
色素濃度が薄かったせいもあると考えました。

オリーブオイル系で紅麹を高濃度で添加して再挑戦しました。
結論:色素のアルカリ側の色を持った石鹸が得られました。

20140612_051132147_iOS

使った紅麹は、
0.1グラムを5グラムの水に溶きました。
上写真のように非常に高濃度の色素液です。

これをオリーブオイル系の混合オイルに40%苛性ソーダ水を先に加えて、
けん化開始1分後に、色素液を単独で加えました。
直後は、赤が鮮やかに残りますが、
撹拌すると、オレンジ色になります。
さらに撹拌を続けるとオレンジ色は薄くなっていきます。

石鹸に色がくっきりついています。
着色の成功です。

結論

石鹸の着色は、有機色素のアルカリ側の色に着色できる。

けん化速度は、オリーブオイル系より米ぬか油系がはやい。

20140612_064435746_iOS
紅麹(べにこうじ)で着色したオリーブオイル石鹸は
上の写真のようにオレンジ色になります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中