原理を教えてから、徐々に現代技術に近づく今の教育よりも
先に応用されている技術を紹介して徐々に原理を紹介する理科教育がいいんじゃないかと思っています。
生物や地学は今のままでいいんだけど、化学と物理が改革する必要があると思う。

■テレビの理科
・光の三原色
光は赤・青・緑のような3種類の光を混ぜると表現できます。
まぜ方を変えると色が変わります。
・液晶という物質
光を通す状態と通さない状態を電気の力で変えることができます。
・LEDの光
物質を薄く堆積させる方法で作る薄膜に電気を流すと光を出します。
・蛍光灯
ガスを入れたガラス菅の内側に蛍光塗料を塗っておいて電気を流すと光ります。
・白熱電球
不活性ガスを入れたガラス容器の内側にフィラメントを入れて電気を流すと光ります。
・音の仕組み
高い音は振動が細かいです。低い音は大きな波長を持っている波で振動がゆっくりです。
・スピーカーとマイク
音の振動を電気の振動で表すことができます。
・磁石と電気
コイルに磁石を近づけたり離したりすると電気が流れます。

■スマホの理科
・電磁波
光や電波はすべて電磁波です。音の高さのように波長が変わると色が変わって見えます。
・電池
電気を安定して取り出す化学反応を利用しています。プラスとマイナスがあって電圧は1.3から3.1V程度です。
・乾電池の仕組み
二種類の金属を塩水に漬けると溶けやすい金属が溶け出して電気が発生します。
・タッチパネル
指先とパネルの静電気を検出します。
・プログラム
計算を基にした画面と画面を結ぶ仕組みです。文章や写真を表示したり、アニメーションを描画します。
・計算回路
計算をするLSI部分は電気を貯める部分とそれをスイッチする部分でできています。
・電気回路
電気が流れる配線は銅の薄い箔やめっきでできています。
■身の回りの理科
・石鹸
石鹸は油脂をアルカリと水で処理して作られます。香りは別に加えています。
・香り
植物のエッセンスを集めています。同じ構造を合成でも作っています。
・肥料
空気中の窒素を集めて固体にして窒素肥料を作っています。
・薬
サリチル酸を基にした湿布薬や鎮痛剤があります。
・栄養
タンパク質と脂質と糖質があります。脂質は油脂で植物が作ります。砂糖は糖質の一種です。
・PETボトル
二種類の物質が交互に集まって繋がっている構造です。透明で強度もあります。
・でんぷんとセルロース
でんぷんは穀物に含まれる糖の高分子です。セルロースは植物の骨格を作っています。
・消化
でんぷんは消化器で分解されて糖になって体内で燃やされてエネルギーになります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中