現代化学でスーパーグロース法を読んで

基板上に垂直に
カーボンナノチューブが成長するCVDがある。

アルコールに微量の水蒸気をまぜてCVDすると

わずか10分で
数ミリという長いカーボンナノチューブが生えてくる。

CVDには詳しくないが

ぜひ勉強してみたいです。

カーボンナノチューブが垂直に配列した膜を作れるなら、

シリコンプロセスは一変する可能性がある。

10分で数ミリとはまさに超高速成長だが

もっとゆっくりでいいから

制御されたカーボンナノチューブを得たいものだ。

グラフェンはハニカム構造の炭素単層膜で

そのグラフェンは欠陥によって性質が変わる。

グラフェンを丸く巻いたのがチューブだが

そのときの巻いた状態によってナノチューブの電気特性は劇的に変わる

またグラフェン層に電圧をかけると物理的性質が変わるらしい。

カーボンナノチューブは実用化までもうひといき!

CVDが本命らしい。化学堆積法です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中