マインドフルネスは、
座禅にも似ているという。

うつ病を発症しているとき、

海馬の働きが落ちて、
偏桃体が動き過ぎているという。

それが、マインドフルネスによって
海馬の働きがあがり、偏桃体は抑えられます。

一般には、マインドフルネスは静かに座ってするものとされています。

しかし、緑の豊かな公園で雑念を消していきながら、
緑や風の音に耳を澄ませるなどによって
マインドフルネスが出来ることが知られている。

一番のポイントは、力まない。

五感を使う。
周りをきちんと見ながら歩く。

公園や日常生活、お茶、お花、書道、

凛として、その場をちゃんとする。

思い出しましょう。日本文化。

忙しない現代で、五感を研ぎ澄ませてマインドフルネスになる。

マインドフルネスの本当のやり方は、日本文化そのものにあったです。

投稿したよ。
from 愛知HAPPY無色透明 1000 happy things http://ift.tt/2gjuyhz
via IFTTT

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中