元気回復行動計画というのは
アメリカでうつ病から回復した事例から発展した健康維持法だ。

元気な時にやること。

元気が落ちているときのサイン。

元気を上げようとするときの行動。

元気がなくて非常事態の時の対処法。

これらを話し合いながら作り上げるワークショップだ。

一日かけて3000円ぐらいの受講料で受けられる。

これと似た仕組みを独自にボランティア団体でやってみたい。

ただ、独自だと知名度が低いので集客で苦労しそうという指摘があった。

集客や講師に外部団体を頼ると収益の配分が難しい。

出来るだけシンプルに強力な一団体と組んでやってみたい。

やりたいことを細かく書き出して、

実際にやることをスケジュールしてみると、

ちょっと落ち着く。

これも私の元気回復の行動の一つだ。

普段のボランティアは参加費200円だから、

3000円の会費を取ると全く違う層にアプローチしなくてはいけない。

集客の苦労はどうしたものか?

「こころの健康講座」事業として助成してもらうか。

from 愛知ハッピー 木陽塾 http://ift.tt/20ra5DW
via IFTTT

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中