日経サイエンスで「10代の脳の謎」という興味深い特集を読みました。

問題行動のある10代の脳は、障害でもなく、大人の未完成でもないという説です。10代の脳はネットワークを組み直す成長の過程にあって、ネットワークを組み直すという可塑性にこそ、輝きと影があると説明がありました。障害ではない、ネットワークの組み直しがゆっくりなだけだとう点が非常に共感がもてました。

私見ですが、そのネットワークの組み直し期間がうまくいかないと外界からのストレスを過剰に受けて、鬱病やひきこもり、精神疾患を発病するのではないかと思いました。

現代社会は人工知能に置き換わる仕事が急増するストレス社会です。誰でも求職者になることがあり得ます。そのときメンタルの強さが鍵になります。

友人からのメールを編集しながら引用します。

精神疾患の問題は、本当に深刻な社会問題だね。積極的に関わる活動は尊敬できます。
私の職場にも出社できない同僚がいます。半年休職しています。
他の同僚もそうだけど、そういう人たちに対する社会的理解があまりにもないのが問題だと思っています。
民間企業で働いている人はみんな自分のことで精一杯で仕方がないとは思うけど、日本社会は今のところサラリーマン社会で、人種が均質化しています。社会にはいろんな人がいるという想像力が足りないと思います。

っていう応援メッセージをいただきました。

http://ift.tt/1fiS0hK

from 愛知ハッピー 木陽塾 http://ift.tt/1ST5sAz
via IFTTT

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中