健康のためのスーパーフードを 化学の視点で5選
スーパーフードに化学の視点で

スーパーフードとは、食事療法に取り組む医師たちが提唱する栄養価の高い食品です。スーパーモデルがダイエットや美容のために食べることで話題になっています。なにも見たこともない食品だけでなくありふれた食品もスーパーフードと呼ばれています。
サイエンスとケミストリーの視点からスーパフード食品群を5選で選びました。

1) 基本は野菜です。
できるだけ多くの野菜を摂ることが一番の健康法なのです。心臓病や脳卒中のリスクが減らせることが分かっています。特に野菜の色が濃いものが、栄養価が高いです。野菜は太陽光線や寒さなど自然から野菜自身の身をまもるために色素を使っています。その色素がプリフェノールをはじめとした栄養素なのです。
ナス、ピーマン、トマト、かぼちゃ

2) フルーツも健康にいい
ミカンやオレンジも注目のスーパーフードです。見慣れていて驚きはないですが、実は本当ンにすぐれた栄養素を含んでいるのはありふれた果物なのです。濃縮還元ジュースにしては、糖分が早く体内に入って血糖値が急激に上がる欠点が出てしまいます。そのまま、生のフルーツを食べた方がいいのです。
ミカン、リンゴ、ブドウ

3) 海藻は、意外なスーパーフードです。
海藻は、ナトリウムが多く含まれています。独特のぬめりも栄養です。ねばねばしたものは体にいいと、一般にも言われています。また、グルタミン酸という旨み成分を多く含んでいることから、日本人にぴったりのスーパーフード。ミネラルアミノ酸の野菜以上に含んでいます。抗ウイルス、抗がん性がある成分も含まれて、悪玉コレステロールを下げる働きもあります。
海苔、めかぶ、とろろ昆布

4) ナッツ
ナッツは気軽に食べれらるのですが、カロリーが高く敬遠されています。しかし、ナッツに含まれる脂質は不飽和脂肪酸で、たんぱく質やミネラルも豊富。心臓発作や血管疾患を50%も軽減できるとも言われています。低脂肪食品だけに偏りがちな現代人ですが、ナッツの栄養は見直すべきスーパーフードです。
くるみ、ピーナッツ、アーモンド

5) 茶・魚・チョコレート・発酵食品
日本茶、コーヒーなどカフェインを摂るだけでなく、健康にもいい作用があるとされています。また、魚、特に青魚のDHAは脳内の神経伝達物質の元ともされ、頭が良くなるというサプリもあります。魚の脂もぜひ摂りたい栄養です。チョコレートも血圧低下、インスリン抵抗性を改善します。マンガン、銅の供給源もあります。ごく少量で効きます。発酵食品がキムチのような漬物、味噌、ヨーグルトなどさまざまなものがあります。どれも乳酸菌や米麹などが働き栄養素が造られている人間の栄養の英知なのです。

以上、目新しさはありませんが、これが化学の目で見たスーパーフードなのです。目新しさよりも普段から知っている健康食品を実直に取り入れることが健康への王道なのです。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

広告